八咫烏 | アメリカの男声合唱

八咫烏 | アメリカの男声合唱

今日は八咫烏のリハでした。

2月23日の本番まで1ヶ月を切りまして、リハも大詰めです。

今回また一つのステージの対訳を担当しました。

「アメリカの男声合唱」です。英語あんまり得意じゃないんですけど・・・。

演奏曲目は以下の通り。

  1. Soon Ah Will Be Done
  2. My Soul’s Been Anchored in the Lord
  3. Temptation / Tom Waits
  4. Can’t buy me love / The Beatles
  5. Sing, sing, sing (With a Swing) / Louis Prima

あれ、ビートルズってイギリスじゃね?やべ。。いや、ご安心ください。編曲がバーバーショップの編曲なのでいいのです。

はじめの2曲は黒人霊歌、トム・ウェイツはアメリカのシンガー、最後の2曲はバーバーショップです。


前からずっとやってみたかったんですけど、黒人霊歌もバーバーショップも今回私(ほぼ)初めて取り組みます。

ね。もうなんていうか、対訳やってみて改めて思いましたけど、黒人霊歌のテキスト、凄いですね。

背景を知っているからっていうのもあると思うんですけど、これだけシンプルな言葉で、いやシンプルだからこそ揺さぶられるものがあるのかもしれません。

テキストだけ見てもそう思います。

Soon Ah will be don’ a-wid de troubles ob de worl’,

goin’ home to live wid God.

すぐにこの世の苦しみは終わる

ふるさとに戻って神様のもとで生きるんだ。

いきなりこれですからね。homeという単語の重みが凄い。

帰れないんですよ。死んでから帰るんですね。ふるさとに。

それでこの人、なんて言って死ぬかっていうと、

I wan’ t’ meet my mother

って言って死ぬんですね。もうたまらんですよ。

でもね。これってぜんっぜん他人事ではないと思うんです。

簡単に共感できるとか言っちゃだめなのは分かってますけど、一緒じゃないですか。

僕たち社会の奴隷ですから。比喩でもなんでもなく、こんなに当たり前に。

普段は気づかないふりしてカラ元気で強がってますけどね。

「社会」は「ひと」を人間としては扱いませんからね。

彼らが私たちと違うのは、彼らは気づかないふりも、強がりもしないってことじゃないでしょうか。

こんなにストレートに祈ること出来ますかね。僕たちに。


今回のアメリカステージの特徴は、振り幅が半端ないってことかと思います。笑

黒人霊歌に続くトム・ウェイツは、もうまるで別世界です。笑

トム・ウェイツって僕の最も好きな歌手のうちの一人なんですけど、この曲やろうって言ったの僕じゃないんです。

トミーがもってきてくれた曲の中にこれがあって、ぶったまげました。「な!トム・ウェイツじゃん!」叫びました。

chanticlearがレパートリーにしてるんですね。全然知りませんでした。

↑YouTubeに動画ありましたけど、めちゃめちゃ非合法っぽいですね。(゚д゚)

原曲はコチラ↓

やばいでしょこの人。

完全にイッちゃってますよね。最高。

こちらは別の方によるカヴァー。結構色んな人がカヴァーしてるみたいですね。知りませんでした。

僕の作った訳はこんな感じ。

錆びたブランデーの入ったダイアモンドのグラス

みんな夢でできてる

時は蜂蜜でできてる、ゆっくり、甘く

阿呆にしかこの意味はわからねえ

誘惑、誘惑、誘惑

拒めねえ

完全に酔いどれの世迷い言風なので、もう言葉遣いからして全く変えないとどうにもならないので、結構苦労しました。


それで次はビートルズ、これはこれで全然違う意味でシンプルすぎるというか、もう書いてて恥ずかしい。笑

君にダイヤの指輪を買ってあげる、

それで君が満足なら。

なんだって手に入れてあげる、

君がそれで満足なら。

お金なんてどうだっていい

お金じゃ愛は買えないからね。

可愛い。でも僕ビートルズも大好きなんです。小学校の時初めて自分で買ったCDはビートルズのベスト盤でした。青いやつ。2枚組の。めっちゃ聴いたな。今CDラックみたら、埼玉にもちゃんと持ってきてました。


最後はSing, Sing, Sing

これが原曲みたいですが、どちらかというと↓のバージョンのほうが聞き覚えがあるでしょうか。

べらぼうにカッコイイですよね。

これのバーバーショップ編曲版を歌います。

YouTubeにMax Qが歌ったものがありますが、うますぎるので聴かないでください。笑

それで、これもまた訳しにくいというかもうなんというかファンキー過ぎて。。。笑

With a La-dah-dah, an’ a whoa-ho-ho,

Wah-bah-ba-dahp, bo-ba-dope-boh,

これ訳すったってこれくらいにしかなりません!

それラーダーダー、ほれウォーホーホー、

ウァバーバダーボーバードボー

しまいにゃあこんな感じです。

イエー、スイング、スイング、スイング

みんなノッてるかー

さあスイング、やれスイング、

ほれスイング、おらスイング、

全国各地でスイング!

イエー!空前絶後のスイング!

訳すもんではないですね。こういうのは笑


今日紹介したのはアメリカステージだけですが、この他に2月23日は三善晃、フレンチ、エストニアの男声合唱をやります。

盛りだくさんで絶対楽しめるので、ぜひおいでくださいね。

 ――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor

――・――・――・――・――

公演情報

次回定期公演は2018年5月の第4回定期演奏会です!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

CD・DVD発売中!

昨年10月に開催されたLa Musica CollanaとのジョイントコンサートのライブCD

第2回定期演奏会のライブDVD

をウェブ販売しております!

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

メルマガ企画第3弾進行中!

サリクス通信に声明パフォーマー 桜井真樹子、合唱指揮者 柳嶋耕太が登場!

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ノイズ カットアップ | ヴォクスマーナ

ノイズ カットアップ | ヴォクスマーナ

今日はヴォクスマーナのリハーサルでした。

今回演奏する、北爪裕道さんの“Multiplex”という作品は2013年にヴォクスマーナによって委嘱初演された作品で、今回はその再演となります。

初演の際には私は乗っていなかったので、私にとっては初演です笑

初演の録音がyoutubeに上がっています。


この曲は、電子機器(等)の出すノイズが素材になっていて、北爪さんの楽譜の序文にあるように「デジタルネイティヴの感性に即した音楽の在り方が模索」されています。

どこかで聞いたことのあるコンセプトではないでしょうか。

そう。「都市の民族音楽」を標榜する、我が師徳久ウィリアム幸太郎のコンセプトに非常に似通っているのです。

民族音楽というのは、その土地に生まれ、その土地で生まれるべくして生まれ、その土地でしか生まれようのない、その土地ならではの音楽、と言うことができると思います。それが、私達の生きる都市でもし生まれるとするなら、それはどういったものになるだろう。ということ「年の民族音楽」なのだと私は解釈しています。

そしてこの2人、北爪裕道さんと徳久ウィリアムさんが辿り着いた音楽も、なかなか親和性があると思います。

北爪作品では、無機的な音、人間的なモーションを排した音が求められていますが、これがノイズミュージックで言うところの「カットアップ」という手法にとても似ているのです。

「カットアップ」というのは、音がバーっとなってパッと切れる、まるで電源をオン!オフ!したように一瞬にしてゼロから100に、100からゼロに、というやり方で音を出したり切ったりという手法です。

北爪作品ではこのカットアップのキレが非常に重要なファクターとなっています。

準備があって、音に対するモーション(ある種の振りかぶり)があって、それから音になる、そしてその音が減衰してから切れる、という有機的で人間的な音の処理の仕方を拒絶し、まるで機械のように音を出すことが求められます。


そして出す音そのものの中にも、ノイズミュージックで使うような技術がいくつか用いられます。

声を使ったノイズミュージックというのがどういうものか、徳久さんの演奏を見てみてください↓

すごいでしょ?特に3’01からの数秒間とかマジで何がどうなってるのかサッパリわかりません。

この演奏ではカットアップはあまり使われていませんが、最後の最後の数秒間にすこしそれに近い手法が見られます。

徳久さんの声のバックグラウンドは非常に広く、ハードコアデスメタルで使う発声や、サッチモトム・ウェイツの発声、それにホーメイカルグラスグット等の中央アジアの民族音楽で使われる発声も用いています。

北爪作品では喉詰めと言われる、ホーメイや浪曲などで用いられる発声、それに、デスメタルで用いるグロウルという発声が指定されている箇所があります。(他にもサイン波やノコギリ波、三角波のような音、という指示もあります)

グロウルは割と昔からよく使っていたし、徳久門下としては気合が入らざるをえないので笑そのやり方でやっていたのですが、どうもちょっとイメージと違うらしかったので、今日はフライスクリームという別の発声に変えてみました。

どうもこちらの方が近いっぽいので、フライスクリーム、本番までにしっかり練習しようと思います笑。

フライスクリーム、スクリーチ、グロウル、ピッグスクイールなどのいわゆるデス声について、徳久さんと、同じくノイズヴォーカリストの風人さんが対談している動画がありますのでこちらもごらん下さい。

風人さんもマジで凄いです。2人のデュオも載せておきます。演奏は以下の動画の2’20あたりからです。

凄いですね。まさにノイズ。彼らが使っているのはマイク一本で、エフェクターは使っていません。

ここまではできないかもしれませんが笑、3/5のヴォクスマーナ第37回定期演奏会では近い音が出せるよう頑張りますで、どうぞ皆様演奏会にお越しくださいませ。

現代音楽好きだけでなく、ハードコアやメタル、ノイズ好きの方にも楽しんで頂ける演奏会になると思います!

最後に、徳久さんはヴォイスだけでなく口琴も演奏されます。これまた最高に上手いので紹介させていただきます。

ヴォクスマーナ第37回定期演奏会

(創団20周年シリーズVol.3 未来を担う男性作曲家)

2017年3月5日(日)14:30開演
東京文化会館小ホール

一般3,000円(当日3,500円)、大学生1,500円、高校生以下1,000円

川上 統(b.1979)/ 怪獣 (委嘱新作・初演)
藤井健介(b.1979)/「Sèlèh II」 ヴォーカルアンサンブルのための(委嘱新作・初演)
近江典彦(b.1984)/「Khon-mXahuvona」 pour vocal ensemble (2014委嘱作品・再演)
北爪裕道(b.1987)/「Multiplex」 for 12 voices (2013委嘱作品・再演)

チケット取扱
東京文化会館チケットサービス
0356850650
http://www.t-bunka.jp

ヴォクスマーナ公式ホームページ

http://vox-humana.wixsite.com/vox-humana

 

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor第3回定期演奏会

『J. S. バッハのモテット全曲演奏シリーズvol. 3 〜詩編モテットと葬送モテット〜』

チケット発売中!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor主催第3回ワークショップ

参加者募集中!

http://www.salicuskammerchor.com/workshop

ご好評いただいておりますサリクスのワークショップです。毎回早い段階で応募上限に達しております。

お申込みはどうぞお早めにお願いいたします。

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。