ヴォクスマーナ→MV撮影

今日は5回目(多分)の伊左治練でした。

「人の声」、「春の楽語集」「人生のモットー」をやりましたが、この「人生のモットー」という曲が、どことなーく武満徹の「さようなら」を想起させるんですね。

誰かに似てるっていうのは作曲家にとっては褒め言葉ではないと思いますが、武満だったらいいよね。真似できるような代物じゃないから。

武満徹の「うた」(という合唱曲集)のような曲って他にないなぁと思います。

難しいけどちょっと頑張れば歌えて、さらりと軽くて、温かみがあるのに鋭く妥協がなくて、捕まえられそうで決して捕まらない。

武満がもっと合唱曲書いててくれればなぁとか思ったりもしましたが、どっこい私たちには伊左治直がいますよ。

今回の演奏会は、普通の合唱愛好家の方に、ヴォクスマーナを知ってもらうきっかけになればと思います。

それで、現代曲恐るるに足りず、と思ってもらえたらいいな。

最初に演奏するNippon saudadeは割とド級の現代曲です。

全然関係ありませんが、リハ会場の目の前のお店です。


午後はアンサンブルサリクスのミュージックビデオを撮りました笑

Ensemble Salicus

Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル、グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。特に装飾ネウマと呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法に注目し、今までにない微分音をも用いた装飾の可能性を追求している。

メンバー:櫻井元希、佐藤拓、富本泰成、渡辺研一郎

グレゴリオ聖歌だけで20分くらいの動画になる予定です。編集作業大変だろうな、、、。

撮影はいつものLeibniz Recordさんです。

超大変な撮影でしたので、終わったあとに無駄な写真を一杯撮りました。


おそらく10月には公開できると思います。

お楽しみに!

夜はサリクスの運営会議。今日は疲れました( ̄◇ ̄;)

――・――・――・――・――
Saclicus Kammerchor 2016-17年シーズンサポート会員募集中!

目標の定期会員様50名まであと16人!

ホームページはコチラ

次回演奏会情報はコチラ

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください