ゴールデンウイークといえば

{31262D66-D1EA-4CBB-8EE0-990A909FAAEC}

そう、ゴールデンウイークといえば、合唱団フォンスフローリスの合同練習と、バッハカンタータアンサンブルの演奏会です。

ここ数年ルーティーンとなっております。
今日は朝フォンスフローリスでバスを歌い、昼カンタータアンサンブルの器楽セクションの指導をし、夕方バッハの方のゲネプロでアルトを歌いました。
なんか前もこんな日あったな。
これですね。
そう、私はテノール、私はテノール、、、
ーー・ーー・ーー
そして今日は人生初の経験もしました。
それは、初見指揮( ̄▽ ̄)( ̄◇ ̄;)( ゚д゚)
今日練習予定だった曲の楽譜を頂いていなくて、その場で楽譜をお借りして指揮しました。
まぁ、やるもんじゃないですね、そんなこと(笑)
よくこういう悪夢ありますよね。
暗譜なのに全く覚えてない夢とか、初見で舞台に立つ夢とか、衣装忘れて私服で歌う夢とか(笑)
ーー・ーー・ーー
そんなわけで(どんなわけだ)明日はバッハカンタータアンサンブルの演奏会です。
{824346A4-1DDD-43ED-B0F2-17E80088840D}
131はいわゆる初期カン(バッハのヴァイマール時代以前の初期のカンタータ)の傑作ですし、67と145は個人的に思い入れの強い曲です。
今までのみなさんの努力の成果が発揮されるといいな。
全曲演奏まであと80曲くらいかな?
次回は何番だろう。また初期カンやるかな?
楽しみです。
――・――・――・――・――
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください