バッハカンタータアンサンブル終演

{0EA45F05-15B5-4028-B56B-A9D2CC0658CF}

 

{B5BCCEBC-87EC-4B1D-9F7C-6B8F40CF10C9}

 

バッハカンタータアンサンブル、終演致しました。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。
今回個人的に思い入れの強いカンタータばかりだったということもあり、結構疲れ果てました。
次回は7番と115番だそうで、なんとも対照的な曲が選ばれたなぁと思っております。
7番は何度かカンタータクラブでも選曲会議に出たカンタータで、いわゆるド級の名曲です。
115番はなかなか謎カン(謎いカンタータ)で、まず冒頭合唱が、トラヴェルソ、ダモーレ、ヴァイオリンヴィオラユニゾンに通低という謎い編成です。
冒頭2音目からヴァイオリン最低音だし、ヴィオローネも4音目にいきなり最低音だし、合唱出だしいきなりオクターブ下がって上がってだし。
割と謎いです。
4曲目のトラヴェルソとチェロピッコロのオブリガートアリアなんかも相当謎編成。
あ、でももちろん超いい曲です。
当たり前ですね。言わずもがなでしたね。
あと1-2曲カンタータやるそうですが、何が来るか。楽しみです。
カンタータアンサンブルも、カンタータ全曲演奏まであと60曲程だそうです。
きっとあと10年以内には全曲演奏を達成されるでしょう。
――・――・――・――・――
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください