記者発表!

昨日は加藤登紀子さんの舞台、ピアフ物語の記者発表に同席させて頂きました。

八咫烏として、劇中で歌う曲を1曲歌わせていただきました。

フランス大使公邸という会場(もちろん初めて入りました)に、25社ほどのマスコミの方が来られていました。

フランス大使の挨拶に始まり、パリ市長のコメント代読、出版社や旅行会社の方々の挨拶の後、八咫烏として1曲歌わせていただきました。

今回私たちが歌うのは、「谷間に3つの鐘がなる」という曲で、劇中ではピアフの死後、彼女の棺を運ぶというシーンで流れる曲です。アカペラで演奏します。

今回加藤さんはずーっとお一人で出ずっぱりで歌いっぱなししゃべりっぱなしなのですが、その中で唯一、この曲の間だけ、加藤さんが舞台上にいないということになっております。

https://www.youtube.com/watch?v=Xn84q5Rrr-E

こちらピアフの原曲です。素晴らしい。
この曲はピアフが戦後初めてアメリカに渡った時、9人の男声コーラスを引き連れていたそうなのですが、彼らとともに歌った曲です。今回私たち八咫烏が、この9人になり変わって歌うという趣向です。

人生には鐘のなる時が3度ある、生まれた時、結婚した時、死んだ時、そういう曲です。

私たちが歌ったあと、加藤さんが2曲歌われました。
有名な「愛の讃歌」と、ピアフが病床にあった時、歌唱の依頼を受けながらも、歌うことがついにかなわなかった、「貴方次第」という曲でした。

本当に素晴らしかった。凄まじいエネルギーでした。

「愛の讃歌」はこちらに昨日の動画がアップされております。
http://www.kanaloco.jp/article/178173

それから前の席を取っ払っての囲み取材。初めて見ました。これが囲み取材か~笑

そうそう。会場にはデザイナーのコシノジュンコさんも応援に駆けつけていました。

画ヂカラぱないす。

全ての取材が終わったあと、多分大使館の方でご用意してくださったのだと思うのですが、シャンパンと、フィンガーフードなどが振る舞われまして、ちょっとしたパーティーが催されました。

シャンパン、、、大変美味しゅうございました!

ーー・ーー・ーー

上にあげたサイトの他に、こちらの2つのサイトでも記事になっております。

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1660560.html

デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/09/0009168823.shtmlまた、すでに行われていた山形公演の映像が、12日(日)の朝8時から、BS朝日「熱中世代」で流れるそうです。

番組サイト:BS朝日「熱中世代」

http://www.bs-asahi.co.jp/sedai/

ーー・ーー・ーー・ーー
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください