愛しのカンタータクラブ

はい、キモいですね。

2月の定期演奏会を機に、引退したカンタータクラブですが、この4月からは沼田臣矢くんが後を継いでくれています。
指揮者が代わるというのは演奏団体にとって一大事で、代わったばかりの時期はとっても大変なんですが、みんな頑張っています(おととい練習見に行きました)
大体演奏委員長が楽器の人の場合メンバーも楽器のメンバーが増え、歌の人の場合歌のメンバーが増えるということになっていて、今回もその例にもれず楽器の人が足りてないようです。
そこで部員募集チラシを作ったそうなのですがこれがなかなか傑作。
{9BF83F66-4A33-49FE-89C6-ADFEC3BC2BC5}

よしえっくす(金成佳枝)が作ったそうです。

この脱力感がたまらない笑
足らない感が凄いでてますね笑笑
他のパートも募集してないわけではないので、他のパートの人も是非!
あと美術の方ももちろん入れます!
チラシデザインなんかで大活躍できますし、合唱は副科の人も多いので、入ってもらってぜんぜんかまいません。
かつて美校の人がカンタータのソロを歌ったことも1度ありますし、ヴァイオリンを弾いてた美術の人もいました。
あとは音環(音楽環境創造科)の人がいて下さった時には、それはそれは素晴らしい録音録画ができたものでした。
というわけで、専攻学科問わず、ウェルカムなサークルですので、一度見学に行ってみて下さい。
定期演奏会の前には小林道夫先生のレッスンを受けるチャンスがありますし、クラブのOB会主催で先生の指導のもと演奏をすることもできます。
山ほど素晴らしい経験ができます。
芸大生の皆様、入らない手はないですよ。マジで。
毎週チェンバロとオルガン入りのアンサンブルができるなんてことは卒業しちゃったらあり得ないですよ。
借りたら1回10万超えますからね!
毎週10万円分の価値ある練習ができる!すご!
ーー・ーー・ーー・ーー
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください