フォンス・フローリス発表会 終了

昨日、フォンス・フローリス発表会が終了いたしました。

お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。

ご参加くださいました皆様、お疲れ様でした。

今年は例年にも増して参加団体が増え、演奏者はおそらくのべ100人くらいいたと思います。

いつも関西から参加されている方々に加え、今年は名古屋、長野、茨城からも会に集い、3時間超に及ぶ壮大なものとなりました。

その半分以上の団体がイザークを歌ったので、1日に歌われたイザークの最長記録を更新したんじゃないかと思われるほどでした。笑


私はこのうち2つのグループで演奏しました。

1つ目はミサの流れの中で歌った古楽院講座ルネサンス音楽入門のグループ。

今年はこの講座の受講者がわりと少なめで、各人の責任がより重くなる中、立派に演奏されたと思います。

崩壊寸前のところもありましたが、積極的に音楽出来ている部分もあって、曲の魅力を味わうことができたのではないかと思います。


もう1つのグループはヴォーカル・アンサンブル アラミレ 。昨年の演奏会でも歌った「天使、大天使」というイザークのモテットを歌いました。

昨年の演奏会では直前で体調を崩してオンステできなかったメンバーがいたので、今回はそのリベンジが出来て良かったです。

本番を経験するごとに一人一人の力量が上がっているのを感じることができて嬉しいです。


来年度も私はフォンス・フローリス古楽院ではルネサンス音楽入門の講座を受け持ちます。

取り上げる作曲家は今年没後500年のメモリアルイヤーを迎えるピエール・ド・ラリュー、ジョスカンやイザークをに匹敵する非常ーに魅力的な作曲家です。

あまり沢山演奏される機会はありませんがルネサンス期最大の作曲家のうちの一人だと思います。

是非沢山の方に受講していただきたいです。

モダン譜での演奏では絶対に味わうことのできない独特の世界を体験しましょう。

アラミレも今年の演奏会ではラリューのミサ「ロムアルメ」を演奏します。

何しろ500年の記念ですので、この機会を逃さないよう、楽しみましょう!

来年度の講座案内はこちらから↓

http://www.fonsfloris.com/k/

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor

――・――・――・――・――

公演情報

次回定期公演は2018年5月の第4回定期演奏会です!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

CD・DVD発売中!

昨年10月に開催されたLa Musica CollanaとのジョイントコンサートのライブCD

第2回定期演奏会のライブDVD

をウェブ販売しております!

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

メルマガ企画第3弾進行中!

サリクス通信に声明パフォーマー 桜井真樹子、合唱指揮者 柳嶋耕太が登場!

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください