歯医者だけはマジでちゃんと選んだほうがいい。という話

いやマジで、いや、マジで。

私幼い頃から虫歯になりやすくて、半年に1回検診に行っては毎度4−5本の虫歯を作る虫歯製造工場とよばれた男なのですが、ここ10年くらい私の歯にとっては寒い時期が続いていました。

というのも母が元歯科技工士ということもあって、広島では信頼できる歯医者さんに診てもらえていたのですが、東京に来てからほんとに歯医者運が悪くて、これぞという歯医者に巡り会えていませんでした。

去年も近くの歯医者で親不知を抜いたらめちゃくちゃ化膿しちゃって、膿だけで白飯が食える(イクラ丼みたいな味だよ)くらいだったのですが、妻の会社の人の紹介で大手町の歯医者に行ってみたらマジで一発で治りました。

前の歯医者を責めるわけではないですが、痛いっつって行ってんのに何もせずに痛み止めすら出さずに帰すのはさすがにいかがなものかと思う。


で今日もその大手町の歯医者に行ってきました。

大手町ってほんとに大手の町ですね。今日私スエット着ていったのですが(なぜならスエットが着たかったからね!)、この町で今スエット着てんの俺だけじゃね?って思うくらいみんなスーツやそれに準ずるものを着ていました。皆様ご苦労さまです。

はっきりいって用事がない(お呼びでない)町なのですが、やっぱりこんなど真ん中でやってる歯医者って優秀なのですね。。うん。悲しいけどそれだけは認めてやんよ(何様)

今日私が歯医者に行ったのは、上の前歯の詰め物がぐらついてきて危うかったからでした。

前歯って虫歯になりにくいらしいんですが、上も下も多分全部私虫歯になってます。なってない歯無いんじゃないかなそういえば。

でその上の前歯の詰め物のところも、その奥のとこが虫歯になっちゃってそれで詰め物が外れちゃってるということだったのですが、ビフォーアフターの写真を見せてもらって驚きました。

歯の形がぜんぜん違う。そもそも前の詰め物の入れ方がまずくて、本来前歯って根元のほうが細くて、隙間が空いてるはずなんですが、その隙間を埋めるように詰め物が入ってたんです。

でその詰め物が歯茎にあたって歯茎が腫れてると。。。。

OH NO

私この状態で少なくとも7−8年は生きてきたんですけど。。。

その間何度も歯医者行きましたけどだれもそんなこと指摘してくれなかったんですけど。。。

まあ多分それでも生きるのに支障はないということで放置されていたんだと思うんですけど、これ小さいようで結構私にとっては大きな違いんですが。。。

あれですよ、子音、ね。子音。。凄い、大事ですよね。。子音。

歯の状態によって舌の自由度って結構変わってきて、それによって子音が発音しにくくなることがあるんですよね。

そういう直接的なこともあるし、これここに隙間があるかないかで結構目とかね、鼻とかね、耳とかね、脳とかね、影響してると思いました。

私の歯が良くなれば、私の歌や発音が良くなるし、そうなれば私が指導してる団体や、主宰してる団体ももっと良くなるんですよね。

そうなれば演奏を聴きに来てくれている人もより良い体験ができるし、そのことでご家族も安寧に暮らせるかもしれない。

演奏会が心の支えになって日々がんばれてますという方もいますからね。

医学的にはそれでも問題なく生きていけるってそりゃあそうなんだろうけど。問題なく生きてさえいればいいって、そういうことでもないでしょう。

ああ。もうだから、みんな、歯医者だけはちゃんと選ぼう。ほんと。約束だぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください