当たり前のこと

何でもそうだろうけど、自分が何の為にそれをやってるのかが見えなくなったらおしまいだと思う。

根幹を根幹として見て、枝葉を枝葉として見ること。
意味も理由も必然性も何もありません。ただやりたいからやってるんです。
と胸を張って言えるように。
何をするにしてもそうだと思う。
なぜ、なぜ、なぜを問う子どもに大人が何も答えられないように。
なぜに対する答えは何もないのだから。
古東先生が最初の授業で開口一番言ったことは
「ご存知のように皆さんが生きていることに意味はありません」
だった。
当たり前のことを当たり前に言うことは難しい。
でもそうだそうだと思っていることでも、誰かの口から聞けると感動する。
共感するということは感動するということだと思う。
古東先生の口癖、今の言葉に繋がる言葉はこうだ。
「むしろだからこそスゲー」
だから、意味のないことを、恥じることなく胸を張ってやり続けるしかない。
生き続けるしかない。

主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ

演奏動画はコチラ

特典充実!

2016-17年シーズンサポート会員募集中!

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のフォームよりお問い合わせください。

発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。

詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください