小林道夫アカデミーin東京

今日はカンタータクラブのOB会主催の、小林道夫アカデミーin東京のスタッフをしました。

実は私OB会の役員なんです。
スタッフだったので、初めの1組だけしか聴講できませんでしたが、圧倒的なレッスンでした。
受講したのは芸大声楽科時代の門下の先輩、山本悠尋さんと、カンタータクラブの後輩、高橋健介くん。
2人とも素晴らしい演奏家で、初めの通しから「いいなぁ素敵だなぁ」と思って聴いていたのですが、これがレッスンであれよあれよと言う間に音楽が充実し、説得力の増していくこと!
レッスンは微に入り細に入り、1小節を5-6回繰り返したりしながら進んでいきます。
妥協のないこと鬼の如し。
情け容赦なく、出来なければ何度でも止めます。
常人なら心が折れるレベルです。
しかしそこは受講生2人とも経験のある演奏家だけあって、何度も、何度でも食いついていきます。
結局予定の50分間では、2曲用意されていたうちの1曲しかレッスンできなかったため、もう1曲は1回通した後、道夫先生自らピアノをお弾きになって、もう一度通されました。
まぁ、どんな言葉よりも説得力のある演奏でした。和音1つで全身総毛立ちます。
お二人にとって最も実りの多い時間だったのではないでしょうか。もう、私は溜息しかでませんでした。
改めて、小林道夫は偉大で、そして音楽はもっと偉大だと思ったレッスンでした。
アカデミーは明日も開催されます。残念ながら私は伺えないのですが、本当にオススメですので、是非多くの方に聴講していただきたいです。
聴講は1日1000円です。安いです!
ーー・ーー・ーー・ーー

小林道夫アカデミー2016 in 東京

本アカデミーは公開いたします。
一般の方は1日1000円にて聴講していただくことができます。

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビル
2F ムラマツホール
(丸ノ内線西新宿駅すぐ)

2月6日(土)
13:00 髙橋和真バリトン
Was soll ich sagen? Op.27-3(R.Schumann)
Verborgenheit Mörike-Lieder12.(H.Wolf)
共演:ピアノ小久保美希

13:50 小池優介バリトン
J. S. バッハ ロ短調ミサBWV232より
11 Quoniam tu solus Sanctus
19 Et in Spiritum sanctum
共演:小林先生

14:40 曽根嘉江子メゾソプラノ
J.S.Bach  マタイ受難曲   より
Erbarm es God!Hier steht der Heiland angebunden.
Können Tränen meiner Wangen
共演:小林先生

15:40 丁仁愛フルート
J. S. バッハ ロ短調ミサBWV232より
Benedictus
共演:金沢青児(テノール)田宮亮(ピアノ)

16:30 北川森央フルート
J. S. Bach フルートソナタ E-Dur BWV1035
共演:小林先生

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー

櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。

g.sakurai.office@gmail.com

発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳しくはコチラをご参照ください。

――・――・――・――・――
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ

サポート会員募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください