H. シュッツ「音楽による葬儀」

今日はサリクスの第2回リハーサルでした。

{A7E8B9A0-704A-454E-B4DF-29B662326CAE}
公演詳細はコチラ
{23A5416B-BC37-4A73-9A56-DBC978B81D3A}
{FA1247B5-4B97-49BE-8501-A78CC42B12DF}
今日はシュッツの「音楽による葬儀」を少し細かく。
シュッツについてはサリクスのブログでも紹介しています。
その3、完結編は近日中に、、。
ほんとシュッツの人生エグいです。
長生き過ぎて苦労し過ぎです。
エグいです。エグいです。
人の死に目に会いすぎです。
この作品は幼少から親しかったポストゥムス・ロイス公の死に際して書かれましたが、その直前にはシュッツの母も亡くなっています。
その事実を知ると、この作品にはロイス公の死とともに、母の死の影響も見られるのではないかと思われてきます。
ーー・ーー・ーー
今日は細かいリズムを利用した言葉の喋り方、メリスマティックな部分のネウマ的な歌い方にこだわりました。
本当に細かいところですが「細部にこそ神は宿る」と言われるようにこだわるべきはこういうところなんだと思います。
1つ覚えてしまえば以下同文的なことなので、きっと本番までには徹底されることと思います。
いやー、楽しみだ!いい演奏会になるぞ!
――・――・――・――・――
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください