ヴォクスマーナ「武士は食わねど…」

今日も朝からヴォクスマーナのリハーサルでした。

{98D4717E-77EE-4328-99B4-7C14C43DEBE8}

代表の初谷さんと小野さん

{3FD5F5AF-B241-4D36-94A5-C05F6B27937C}

テノールの清見さん。昨日お子さんが生まれたそうです。おめでとうございます!

{511B65CF-3E95-40BA-8273-D51045114111}

歌っているのは神谷さん。カンタータクラブの先輩でもあります。

ーー・ーー・ーー・ーー
ヴォクスマーナってとにかくすっごい練習するんですね。
やっぱりってる曲が大変だからしょうがないといえばしょうがないんですけど。
(更にいえばオリジナル楽譜を使って演奏するカペラも沢山練習が必要です)
コスパの悪い商売です(笑)
ちょっと練習すればできて、しかも演奏効果の高い曲なんて他にいくらでもあるのに。なぜ茨の道を行くのでしょうか(笑)
まぁ、それだけの価値があるから、としか言いようがないですね。
ヴォクスマーナなんて、みんなノーギャラです。ボランティアです。それどころか交通費も出ません。
14回練習があって、本番合わせると15回分の往復交通費をメンバー一人一人が負担しています。
往復1000円だとしても15000円持ち出しです。
そして本番当日を除いて、練習時間50時間。本番の拘束時間は6時間程ですので、56時間。
その時間時給1000円のバイトに充てられたとしたら56000円です。
つまりヴォクスマーナやらずにバイトしてれば、マイナス15000円がプラス56000円になったわけなので、ヴォクスマーナをやることによる経済的損失は71000円ということになります。
貧乏音楽家にとってはナカナカの額です。
しかもそれが今回の場合14人分です。
でもみんな、それだけの損失を被っても補って余りある価値をそこに見出してるから、やるんですよね。
ヴォクスマーナの魅力、それはなにより最先端キレッキレの現代音楽をやってるということです。
生まれたての新曲を、まだ誰も聞いたことのない音楽を、自分たちの手で形にする。
やりがいは凄いです。
20年にわたる活動の中で、委嘱初演した作品なんと83作品。
信じられない数だと思いませんか?
その全てがホームページにまとまっています。
こういう活動をやっているプロの声楽アンサンブルは、日本には他にありません。
ーー・ーー・ーー・ーー
武満徹がポップスかなんかの作曲家に、
「お前が舳先で水を切ってるから一等船室の俺たちがくつろげるんだ」
みたいなこと言われたらしいですけど、何その上から目線(笑)
武満でさえ50代まで翌月の生活費の心配をしていたそうです。
「何も買ってやれないから、今日から僕煙草やめるよ」
武満は対談集なんかも含め、著作の多い人で、遺した名言は数知れないんですが、その中で僕の一番好きな言葉です。
あと、
「夫婦喧嘩をしてるときには、楽譜をひとつも書けない」
も好き(笑)
そう、舳先で頑張ってる人は大抵貧乏です。
舳先にいるっていう矜持があるんで、武士は食わねど高楊枝でやってますけど、でも生活できなかったら活動できないんですよね。
歌なんか特に、体が資本ですから。
ーー・ーー・ーー・ーー
なので、もしこのブログを見て下さっている方で、こういう活動を応援してもいいよ!って方がいらっしゃったら、是非【定期賛助会員】、【新曲委嘱活動支持会員】になっていただきたいのです。
クラシックの演奏団体の場合、チケット収入だけで活動を維持するのは事実上不可能です。
皆様のお力が必要です。
定期賛助会員は年度単位なので、今お申し込みいただいても特典は来年度からになってしまいますが、新曲委嘱活動支持会員は公演ごとなので、今お申し込みいただくと、7/29の公演のチケット、プログラム、新曲2曲の楽譜、録音が特典となります。
全ての作品が出版されるわけではないので、楽譜を入手する機会というのはなかなか貴重です。
ご自宅でヴォクスマーナの演奏を楽譜を見ながらお楽しみいただけます。
(どこが間違ったとかもよくわかると思います(笑)(冷汗))
どうぞよろしくお願いいたします!
【定期賛助会員】
年額 1年3公演分
■会費
年間 一口 ¥20,000
■特典
各公演のチケット1枚 (座席指定) を贈呈
各公演のプログラムにご芳名を掲載
各公演のプログラムを贈呈
各公演のCDを贈呈
【新曲委嘱活動支持会員】
各公演ごと
■会費
第35回 一口 ¥10,000
■特典
公演のチケット1枚 (座席指定) を贈呈
公演のプログラムにご芳名を掲載
公演のプログラムを贈呈
委嘱新作の楽譜を贈呈
公演のCDを贈呈
こちらのページからお申し込みいただけます↓
ーー・ーー・ーー・ーー
公演詳細はこちら
ヴォクスマーナ第35回定期演奏
創団20周年シリーズVol.1 未来を担う女性作曲家

{C4B4B44E-57D2-4FB6-BFC3-26579D0E83BE}

2016年7月29日(金)19:00開演 東京文化会館小ホー

渋谷由香(b.1981)
「黒い森から」 12声のための(委嘱新作・初演)  詩:佐峰 存

山根明季子(b.1982)
お名前コレクション No.02 (委嘱新作・初演)

小出稚子(b.1982)
春宵感懐 (2013委嘱作品・再演)  詩:中原中也

大熊夏織(b.1987)
空を泳ぐ(2015委嘱作品・再演)

指揮:西川竜太

チケット(全席自由)
一般:3,000円(当日3,500円)
学生:1,500円
高校生以下:1,000円

ーー・ーー・ーー・ーー
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください