Alamire | Adam Rener “Missa beata virgine”

今日はアラミレの9/22のコンサートのリハでした。

プログラム全体を、本番の会場で通し練習するというなかなか贅沢なリハでした。

会場の大森福興教会は、あまり大きな声では言えませんが、知る人ぞ知る響きのいい教会です。
今日も残響の力で、メンバーの音圧がかなり増したように感じ、そのあたりを調整するのが大変なほどでした。

この響きを感じるだけでも聴きに来る価値ありです。

こんな音がします(iPhoneを机の上に置いてとっただけです)

そして今回花井先生も歌い手として参加されるので、コントラ(アルト)に渡辺研一郎、テノールに私、バスに花井先生と、カペラメンバーが3人もいるという贅沢なことになってしまいました笑。

そして、今回演奏するプログラムは、かなり珍しいプログラムとなっております。

詳しくはコチラ

簡単に言うと、アダム・レナーという超無名作曲家のトロープス付き聖母ミサと、固有唱をグレゴリオ聖歌と無名作曲者(アノニマス)のポリフォニーで、そして最後にイザークの傑作モテットを演奏します。

こんなプログラム、日本では今後数年、いや数十年、いや数百年演奏されないかもしれません。

これを逃すともう生きてる間は2度と聴けないかも。


教会にいけてあったお花。秋ですねえ。

――・――・――・――・――

主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ

演奏動画はコチラ

特典充実!

2016-17年シーズンサポート会員募集中

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください