Salicus Kammerchor第6回定期演奏会【延期】

やむを得ず第6回定期演奏会を延期することとなりました。

ここにも各SNSのサリクスアカウントでアップしたコメントを転載します。


Salicus Kammerchorよりいつも応援くださる皆様へ

●Salicus Kammerchor第6回定期演奏会延期のお知らせ

 皆様、いつもSalicus Kammerchorを応援いただき誠にありがとうございます。5月16・22日に予定しておりました第6回定期演奏会ですが、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、来年5月頃に延期することを決定いたしましたのでご報告させていただきます。

 なんとか、どのような形でも皆様に演奏をお届けできないかと模索してまいりましたが、声楽アンサンブルのリハサールにおける感染リスクを軽減する方策が見つからないこと、オンラインではアンサンブルのリハーサルは不可能であることが決定的な要因となりまして、このような決定に至りました。

 楽しみにしてくださっていた皆様には誠に申し訳ありません。2019-20年シーズン定期会員の皆様には、延期公演のチケットを改めて来年送らせていただきます。

 Salicus Kammerchorは5年間活動を続けてきて昨年J. S. バッハのモテット全曲演奏シリーズを完結、今回が6回目の定期演奏会、ハインリヒ・シュッツをメインプログラムとして取り上げた最初の演奏会となるはずでした。今各地で星の数ほどの演奏会、ライブ、イベントが中止か、あるいは延期となっています。サリクスの演奏会もその一つとなってしまったわけですが、その星の数ほどの演奏会、ライブ、イベントの一つ一つに、どれだけの人がどれだけの時間をかけ、どれだけ努力し、どれだけの情熱を傾けて、どれだけの困難に立ち向かい、そして、どんな思いで中止や延期という決断に至ったか。一人ひとりの思いを慮るにつけ、言葉がありません。

●寄付金募集

 フリーの音楽家の多くが、2月後半から収入ゼロの状態が続いています。このままでは数カ月後には家賃も払えずに廃業というケースが出てくるでしょう。これまでSalicus Kammerchorを支えてくれたメンバーがそうなってしまうのは耐えられません。メンバーはサリクスの財産です。そこで、Salicus Kammerchorとして皆様から1口5,000円で寄付を募ることといたしました。第1次締め切りを4月30日とし、それまでにお預かりした寄付金から事務手数料を引いた全額をこれまでサリクスの演奏会と録音にオンステしたメンバーに振り分けます。どうか皆様、これからの音楽界のために、才能ある音楽家がこんなことで将来を断たれてしまわないように、この危機的状況を乗り切るためにご支援ください。

Salicus Kammerchor主宰
櫻井元希

【寄付送金先】

お振込:三菱UFJ銀行蕨支店(店番383)普通0181628 Salicus Kammerchor
(振込先に英文字を指定できない場合は、
「サリクスカンマーコア サクライ ゲンキ」とご入力ください)

Paypal:こちらのURLからお手続きください。https://www.paypal.me/salicuskammerchor

【お問い合わせ】Salicus Kammerchor事務局 salicus.office@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください