光岡英稔 BUGAKU講座|12回目

1週間以上経ってしまいましたが、またBUGAKUに出てきましたので、レポートしようと思います。

今回はハワイアン八卦掌でした。巡り合わせで私今回八卦掌初めてで、とても楽しみにしていました。


これまでのレポートはこちら

BUGAKU講座|1回目 https://wp.me/p7Ktcz-cpK
BUGAKU講座|2回目 https://wp.me/p7Ktcz-dGh
BUGAKU講座|3回目 https://is.gd/Gm9C17
韓氏意拳講座|1回目 https://is.gd/D3RjiJ
BUGAKU講座|4回目 https://is.gd/37Oxg1
BUGAKU講座|5回目 https://ux.nu/AmsQM
韓氏意拳講座|2回目https://is.gd/G7l53a
BUGAKU講座|7回目 https://is.gd/xiBfFB
韓氏意拳講座|3回目 https://is.gd/rDRgMX
韓氏意拳講座|4回目 https://is.gd/8BX3eO
BUGAKU講座|8回目 https://is.gd/tbIYiI
韓氏意拳講座|5回目 https://is.gd/YmZ2Yc
BUGAKU講座|9回目https://is.gd/BnOQit
韓氏意拳講座|6回目https://is.gd/dlMQTX
BUGAKU講座|10回目https://is.gd/RczZH5
韓氏意拳講座|7回目https://is.gd/a1Yor1
韓氏意拳講座|8回目https://is.gd/ayTQMA
BUGAKU講座|11回目https://is.gd/ayTQMA
韓氏意拳講座|9回目https://is.gd/NCZKxY


ハワイで独自の進化を遂げた八卦掌がハワイアン八卦掌なのだそうですが、今回そのあたりの説明は詳しくやらずに、いきなり「歩」の稽古が始まりました。

45度内股を基本にして、左右に体重移動していき、その際体重が乗っていない方の足を乗っている方の足に揃え平行にします。

この内股という身体観が私には新鮮で、これまでのどの経験とも違う不思議な感じがしました。またこれ結果的に後ろ重心になって、前足は重心ゼロになります。これもこれまでにない経験でした。

特に前回韓氏意拳講座で教わったシュアイジャオの左右転換の稽古は、45度という角度は一緒ですが重心は前だったので、なかなか混乱しました。

いろんな系統の武術をやっていると、これはこれ、それはそれと身体がことわけておくというそういうスキルも必要だなと思いました。頭ではなく身体で。

しかしどういう系統の武術でも共通してるのは、自分の身体がどうなってるかということを認識できなきゃだめということで、今回も、私45度の足の角度は最近シュワイジャオで練習してたから大丈夫かと思いきや全然でした笑

いや、これ45・・・アレエ?×100

でしたねえほんとにもういい加減。


それでもう足だけでもそんな有様なのですが、それに手が付きます。同じ左右の足の切り替えに対して、手の方は2種類、足と同じ方向に手を出すパターン(Open palm change)と足と反対方向に手を出すパターン(Close palm change)。

うちで振り返って稽古してみるとそれほど複雑でもないのですが、初見ではマジで大混乱でした。


歩く

で、それをこう円周を歩きながらスイッチしていくという稽古をやったのですがもう全然出来なかった笑。

手を円の内側に向けたまま歩くということはつまり、内側に対して足がクロスしたりしなかったりするというわけで、それはつまり上のOpenとCloseが交互に起こっているということに気づくまでに5分笑

スイッチするときはまず止まったときにOpenかCloseかによって転換する方向が変わるということなんですねえ。初心者なんで考えてやらんとできんです。。。。ブスブスブス。。。。ボン!

いやいつもそうなんですけどね。講座に参加すると、わからん!できん!ことばっかりなのですが、今回はもうBUGAKUに最初に参加した時のことを思い出しましたね。うん。BUGAKUってこうだよねえ。。


引力と張力|テンセグリティ

もうすでに私の脳はパンクしているのですが(脳でやるからそうなる)、つづいて二人組で前手同士を合わせ、後ろ手は棒の端と端を持って、前手は軽く押しながら、後ろ手は軽く引っ張り合いながら回転するということをやりました。

これですね。簡単に見えますがこれめちゃくちゃ難しいです。まず目が回ります笑。

ほんとまず単純に目が回って気持ち悪くなっちゃうんですよね。

ちょっと思ったんですが、嫌がる馬に無理に乗ろうとすると馬が超グルグル回るんですよね。そういうときにこの稽古は役に立つな笑。来年のお正月にはこの稽古の成果を確かめられるでしょう笑

それで三半規管鍛えながら回るこの稽古なのですが、中心を維持するというのがものすごく難しい。押してる前手(張力)と引いている後ろ手(引力)のバランスが絶妙に取れていないと、二人が同じ円周上を歩けない。

上手くピタッとバランスが取れると・・

もしかして私たち・・・テンセグってる?!

ってなるわけですね。自力だけでも、他力だけでもないパリントローポスハルモニエ。

張力と引力があってはじめて中心が生じて、中心が生じてはじめて円周が生まれる、それではじめて回転するという運動が生まれると。

もうこれは音楽の話をしているとしか思えないですね。

アンサンブルグループの練習に取り入れたらいいと思う。


Vortex 渦

渦は上下逆に回転している。

これがどうも肝らしく、言われてみれば確かに、上下同じように時計回りで回転していたら渦にはならない、上が時計回りなら下は反時計回りになってはじめて渦ができる。

今回の内容の中では、close palm changeの時にそのような動きが起こるのですが、足が手の方についていっちゃうと形が崩れてしまうんです。手と足が反対の動きをして足を残さないといけないんですね。

この「渦」の考え方も、音楽の話だなあと思いました。

私は今まで音楽の中で、「動き」をもたらすのは緊張と弛緩であると言ってきましたが、多分それだけじゃないですね。

まだ全然考えまとまってないですが、引力と張力があって生まれる円運動、またその複合としての渦、そういう種類の「動き」もありますよね。音楽の中で。例えばペルトとかシサスクとかの音楽ってそういう風にして動いてる。気がします。(多分1年後くらいに閃きますのでもうしばらくお待ち下さい)


今回はもうなんというか、今はわからないけど、これからわかることに対する示唆にめちゃくちゃ満ちていた内容でした。

今回学んだことはきっと今後つながってきて、音楽の新たな側面を観る鍵になる気がします。

それで、私は音楽家なので、光岡先生の言ってることが音楽の話として聞こえてくるわけなのですが、美術家なら美術の話として、思想家なら思想の話として、政治家なら政治の話として聞こえてくるんだと思います。

どんな小さなひとつの武術のテクニックの話をしていても、それが武術だけのことを言っているようには思えない。それが光岡先生の凄みだと思います。含蓄といえばそれまでですが、少なくとも私にとっては、それが光岡先生から武術を学びたいと思える大きな要素だと思います。

なぜ武術をやるのか、ぼんやりいつも考えていることですが、今の所の私の答えは「生きているから」だと思ってます。


さて、本業の方ですが、今月19日に立教大学である本番に向けて準備を進めています。

こちらは一般公開はしないことになって、後日配信という形になりました。

また情報が出ましたらお知らせいたします。おそらく前回のようにyoutubeで限定公開になるのかなと思っております。前回のは3月末まで見れますので、まだの方はぜひ→http://rikkyo-kiriken.com/events/index.php?QBlog-20210802-1

シャイトのコンツェルト、歌8声楽器8声の非常に豪華な編成です。コルネットとサクバットと一緒にやるの初めてなのでとても楽しみです。

あとはまだ先ですが5月のSalicus Kammerchorの演奏会、こちらも定期では初めての試みで楽器を入れます。

実はまだ内緒ですがカンタータプロジェクトへの布石としてこれから楽器と一緒にやる演奏会を増やそうと思ってます。こちらも楽しみであります。

Salicus Kammerchor第7回定期演奏会
ハインリヒ・シュッツの音楽vol.2
二人の天才
​〜モンテヴェルディ→シュッツ〜


【日時・会場】

5月20日(金)19時開演

日本福音ルーテル東京教会

チケット予約:https://tiget.net/events/160766

5月22日(日)14時開演

台東区生涯学習センター ミレニアムホール

​チケット予約:https://tiget.net/events/160767

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください