西久保さんのこと

もう皆さんご存じと思いますが、7月31日に西久保さんが亡くなったそうです。

私が知らせを受けたのは8月2日の夜、拓さんが電話で知らせてくれました。

emulsionの大変なコンサートが1日に終わって、翌朝なぜかemulsionのリハをやって、帰りにトミーにemulsionやめるわってラインして、その後放心して午後寝て、晩飯食べてまた寝ようとしていたところでした。

その翌日からカンタータクラブ50周年演奏会のリハが始まるところで、私は合唱指導という結構大変な役回りを仰せつかっておりまして、もう十分負荷がかかっていたところに信じられない知らせが来まして、もうなんか、きつかったです。

というか今もきついです。

お通夜はもう知った時には終わってたと思います。お葬式も親族のみでということで、もうなんか「念」のやり場がない。多分他のみんなもそんな感じだと思います。

関係団体が訃報をSNSで出したりしていて、サリクスもシグナスもそういうことをやった方がいいのかもしれないけど、全くそんな気にもなれない。

冷静にそういうことできる人はほんとに凄いと思う。


翌朝カンタータクラブのリハのために山台組んだりなんかするんですけど、もうその時は仕事モードというか、別人になって働いてるんですが、ふいにO貫さんに「西久保のこと聞いた?」とか言われてもう無茶苦茶。

私もその場にいた関係者には言っとかないと思って言ったけど、誰も何も言えない。


どういう感情なんだろう。自分。

あんまり感情のレベルで自分を観るということを今までしたことがなかったかもしれない。

悲しいというよりは、悔しい。

心がずっと「クソ。。。クソ。。。」って言ってますね。

こういうのは他人にはどうすることもできないということはわかってるけど、それと感情とは無関係ですね。

いやこのブログ公開すんのかな。せんのかな。

演奏会の終演報告を淡々と何事もなかったかのように書くのも有りかと思ったけど、やっぱり自分のためにこれは書いておきたい。


しかしこういう時の私の多重人格ぶりには自分でも驚きました。

合唱指導なんかやってられるか、という自分と、普通にノリノリでバッハ振ってる自分と、そんなことが可能なんですね。

自分にはほんとに沢山の層があって、それぞれの層で全く違う反応をしてるみたいです。


西久保さんとは数えてみると18年、18歳のころから一緒に歌ってました。

ちょうど人生の半分ですね。

最初はジャパンユース、それからジャパンチェンバー、シグナス、コントラポント、サリクス、もうありとあらゆるところで一緒に演奏しました。

そして西久保さんといえば私がどうしても思い出すのが下の写真。

これは笑ったな。

リハーサルの演奏動画撮ってたら奥にいた西久保さんが寝てんのかと思いきや「カッ」と目を開くという笑


そんなわけで、8月6日、この日は原爆記念日であり、西久保さんのお葬式であり、カンタータクラブ創部50周年演奏会だったわけですが、本番中、45番のアリアを聴きながら、この後西久保さんとビール飲もうかなとか思って顔がゆがんでました。

ね、テレビドラマとかでよく見る、二人掛けのテーブルのこちらと向こうにビール2個置いてっていう、あれですね。なんかやっちゃいましたね。無意味に。

減らないビールを眺めました。(この後しっかりおいしくいただきました)

今、順番に、西久保さんと歌った音源を聴いてます。

シグナス、サリクス、今まで何度も聴いているはずですが、全然違ってきこえます。5倍くらいうまく聞える笑

多くの人に聞いてほしいなと、思いました。


ああ。化けて出てくれねえかなあ。


この写真は最後に共演した時の、最後の曲です。

曲目は、ヒエロニムス・フィンダース 「ああ、避けられぬ死よ」でした。

西久保さんのこと」への3件のフィードバック

  1. 櫻井くん
    読ませて頂きました…
    そうだったんですね…
    私はコントラポントの演奏会で
    何度かお会いしていました。
    カンタータCの合唱練習前だったか、櫻井くんが別の世界を見ている目で、私の方をじーーと見た瞬間があって「ん?…何か抱えているのかな…大役だし…」と、とても印象的に残りました。
    ゲネプロ出れない問題で心配をおかけした時も、痛みを共有してくださるような、優しさを感じ、あの後やはり出よう!と決心できたのです。
    ポーランドからの演奏家のアテンドで、複雑なメトロの乗り換えをまさか一人でやらせるわけにはいかなかったのですが、なんとかなりました…
    櫻井くんにとって、大変重い夏になりましたね…
    カンタータの歌詞も身に迫ってきたことでしょう…
    櫻井くんはChristianとかではないのかな?
    私は教会で、結婚式よりはるかに多い葬儀のオルガンやらお手伝いばかりしてきたので、人の死がかなり身近になってしまいました。
    もちろん、4人の子供を残して40代で召された男性などは、奥さんや子供達の事を連日心配し、2ヶ月も声が出ない…話し声も…失声症になったりしました…
    永遠のいのち…についていつも覚え、死後の救いについても確信を頂いていても、突然のサヨナラはあまりにも残酷ですね…
    それでも私達は生きていかなければならない…
    その苦悩こそが涙のパンなのだ…と歌いましたね…
    パンはキリストの体の象徴。
    このパンを食べて私を覚えなさい…という聖餐式。
    死をもってあなたの罪と苦しみを贖った私を覚えなさい…とあのブロートの音に込められていたように感じました。
    エネルギーがブロートに向かって降りて…胸が潰れそうでした…
    小林先生も、私も含め先輩方も、いつ召されるかわからない年齢になりました。
    素晴らしい賜物を与えられた櫻井くん、少しづつ癒やされて、また周りの人を助けてあげてください。
    今回、あなたのような素敵な青年に出会えてご指導を賜り、本当に幸せでした!!
    まだまだ暑いですが、どうかゆるくお元気で、上よりの慰めが深くあなたを取囲みますように祈ります…
    OB 武田夕紀

  2. 櫻井様
    只々、お詫びと大きな感謝…
    申し上げるのみ、です
    本当に有難うございました
    西久保 弘行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください