グレゴ、グレゴ、ジョスカン、マショー

という日でした。

朝11-13時で祐天寺のカラオケでラフォルジュルネでのグレゴ公演の練習をしようとしていたのですが、なんとそのカラオケの営業時間が13時から(笑)。
仕方なく中目黒まで戻ってビックエコーに行きました(ビックリするほど高かった(°_°))。
ラフォルジュルネでのグレゴ公演は、5/3の16:30-17:00で、永楽ビルiiyo!地下1階広場でやります。
昇天の祝日のミサ固有唱と、通常唱第1番をクレドまでやります。
続きはまた来年ということで(笑)
ミサ1番のグロリアとクレドは第4旋法なのですが、どうやら私はこの第4旋法がどうやら好きらしく、ああ、お祈りしてるなーって感じでシミジミとします。
ちなみにこのミサのクレドは、バッハのロ短調ミサで引用されているので、先唱とコンフィテオールは聞き覚えのある方も多いと思います。
ーー・ーー・ーー
{48F6F7B4-479B-45CF-B53C-1AB5EEE332FA}
{93657C62-6FEE-4B9D-A88B-9165F8D1BE38}
14時からは古楽院でカペラの稽古、今年もモッコウバラが綺麗に咲いています。
典礼劇の方も段々と仕上がって参りまして、こちらもなかなかワクワクする演奏会になりそうです。
こちらまだ昼公演はチケットあるようですね。
ここで歌うジョスカンは、いわゆるイケメン系ジョスカン(今作ったジャンルです)の曲で、超カッコいい鮮やかな曲です。
下3声はVictimae paschali laudesを歌い、Superius(ソプラノ)はシャンソンを歌います。ポリテクストどころか、ポリ定旋律な曲です。
まぁそんな構造はジョスカンの天才を注ぎ入れるための器にすぎません。ともあれイケメンです。ただただイケメンです。
どんなに複雑な構造を持っていても、その構造が聴こえないのがジョスカンの天才たる所以です。
ーー・ーー・ーー
夜はFF古楽道場マショー組でした。
古楽道場は今年ジョスカン組とマショー組に分かれて花井先生のもとで学んでいます。
マショーは、、以前も書きましたけど(音楽史上の奇人変人演奏会とネウマ)、ジョスカン以上に変態です。
激ヤバです。
ほんまにこんなん歌えたんかよ?!って感じです。どうかしてるぜ。
そんなマショー、そろそろ黒色も勉強したい!という要望に応えられてできたコースで、長年道場で修行を積んできた猛者がさらなる高みを目指して励んでいます。
そのうち音源をyoutubeとかに上げれたらいいな。
ーー・ーー・ーー
オマケ
{30A4E3B7-1DE1-4814-A539-E62BA0C99969}

東急の出してる雑誌?みたいです。

lとuの間にic入れたいですね(笑)
わかんない方は下のリンクをクリッククリッククリーーック!!!
――・――・――・――・――
主宰団体Saclicus Kammerchorのホームページはコチラ
演奏動画はコチラ
――・――・――・――・――
櫻井元希へのお仕事のご依頼は以下のメールアドレスまで。
g.sakurai.office@gmail.com
発声・歌唱指導、合唱指導等承っています。
詳細はコチラをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください