ヴォクスマーナ | カペラ | 計道会

今日は朝ヴォクスマーナでテノール、昼カペラでバス、夜計歌会×FF古楽道場でヴァガンス(という謎のパート)を歌った日でした。

計歌会×道場は長いので計道会と呼ぶことにしました(私の中で)。ヤクザみたいですね笑


朝はヴォクスマーナ

ヴォクスマーナは先週ついに近藤譲さんの曲が届き、本プロの曲が出揃いました。

近藤譲さんの曲はほんと、THE Jo Kondoという感じで、最大のデュナーミクがmpです。

以前歌った「薔薇の下のモテット」の要素はありながら、今回演奏する嗟嘆(といき)の方がよりシンプルでわかりやすい構造をしています。

現代音楽の演奏会ですが、耳が痛い系とか、気持ち悪くなっちゃう系の曲は今回ありません。

どの曲も何かしら琴線に触れるところが見つけられると思います。

何より現在ご存命の作曲家の作品を、ご本人のトーク付きで聴くことのできる機会というのはほんとに凄いです。

普段古楽をやってる人間からするとほんとありえないくらいすんごいです。

想像して見てください。

バッハのトーク付き演奏会。(!)

凄さ伝わりましたでしょうか笑

演奏会は7/20です。


昼はカペラ

カペラが今回メインプログラムとして取り上げるジョスカンの聖母ミサは、今カペラが出しているCDの中で最新のものに含まれています。(私が録音に参加したCDはこの次に発売予定です)

カペラはこの曲を結成当初にも取り上げていて、私が参加してからも、キリエとグロリアは確か何かの機会で歌いました。

そしてアラミレでも演奏したので、なんというか、花井先生は勿論のこと私も、メンバーも体の中に染み付いた自家薬籠中の曲です。

他にもモテットをいくつかやりますが、やっぱりミサになるとこう、みんな体にフィットしてるというか、うん、他の曲はこのフィットさせるという時間が必要なのですが、このミサの場合はそれが必要ないという感じです。

また今回は若手とベテランが半々くらいで混合していて、4声の曲も11人で歌ったりしてます。響はゴージャスで新鮮なものになろうかと思います。


夜は計道会

今日は自主練で、SanctusとAgnusをやりました。Missa Virgo prudentissimaですが、なんとこのミサのSanctusは見開き9枚もあります。

Sanctusって普通、テキストが少ないのでGloriaやCredoに比べると曲も短くなる傾向にあるんですね。

この曲の場合Gloriaは9枚Credoはなんと13枚!!

これと比べてもSanctusはGloriaと同じ枚数ですから、かなり大規模だと言えると思います。

6声で、とっても豪華な写本なので、紙を贅沢に使っているため枚数も増えるのですが、それにしてもこのSanctusは極めて壮大です。Benedictusの後に繰り返すOsannaも、Sanctusの後に歌った同じものを繰り返す場合が多いのですが、この曲は新しいOsannaを歌います。そしてこの最後のOsannaに2枚費やしています。

それに対してAgnusは、なんと2枚、、。それも本来Agnusは第1.第2がmiserere nobis、第3がdondnobis pacemと、3曲必要なのですが、このミサのAgnusは1曲しかありません。

これはどうしたことでしょう、、。力尽きたんでしょうか、、。それとも伝承の過程で失われてしまったのでしょうか。

しかも、このミサはグレゴリオ聖歌の定旋律に基づいて作曲されているのですが、Agnusの最後、定旋律は途中で終わってしまっているんです。

これは、、続きがあったに違いない、、。

実はアラミレでやっている同じくイザークのMissa comme femme deconforteeもAgnus問題があるのですが、これはまた別の人機会に、、、。

計道会の本番は11/23です。その時にはきっとこの謎も解決していることでしょう。

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor

――・――・――・――・――

公演情報更新しました!

次回公演は10月18日、Ensemble Salicusのデビューコンサートです!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

DVD発売中!

第2回定期演奏会のDVDをウェブ販売しております!

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

メルマガ会員募集中!

新企画始まります!

サリクス通信に古楽演奏家 花井哲郎とヴォイスパフォーマー 徳久ウィリアムが登場!

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください