シグナスとクセノス

今週末、そして再来週頭にヴォーカルアンサンブルの本番が続きます。

The Cygnus Vocal Octet 
2nd CD 発売記念ミニコンサート in 東京

一つは今週末、シグナス・ヴォーカル・オクテットの初の東京公演です。

今までずっと東京の皆様に聴いていただきたいと思っていたグループです。今回やっと念願が叶いました。

シグナスはジャパンユースクワイヤ出身のメンバー8人で結成した8人8声のアカペラグループです。

私は18の頃からジャパンユースに参加させていただいていたので、メンバーの多くとはその頃からの付き合いです。

顔を合わせるたびに!え?げんきくんもう30?衝撃!歳取るわけだわーー的な会話をしてて、ほんと親戚の集まりみたいです笑

(私以外の)メンバーの人柄がほんとに良くて、集まるのがいつも楽しみな仲間です。

メンバーが全国に散らばっているので、集まれるのは年に数回、そこで集中してリハーサルし、公演やレコーディングをしています。

今回の演奏会は2nd CD発売記念ということで、CD収録曲を中心に演奏いたします。

2nd CDジャケット

先日のリハーサルの時の録音にスライドショーをつけました。
最後結構オチがついてるつもりなのでぜひ御覧ください。

The Cygnus Vocal Octet
2nd CD 発売記念ミニコンサート in 東京

日時:6月30日(日)15:30開演(15:00開場)
会場:大森福興教会(JR大森駅西口徒歩5分)
チケット料金:3000円(学生1500円)

ご予約(当日精算)はコチラから↓
https://tiget.net/events/57632

シグナス・ヴォーカル・オクテット公式HP↓
https://cygnus-octet.com/


Ensemble XENOS 第1回演奏会
Vanitas《空》
〜イタリアルネサンスの不協和的情感〜

もう一つは再来週頭、クセノスの演奏会です。

国内メンバーで数回リハーサルをしてきましたが、いよいよ美千子さまが帰国され、5人全員でのリハーサルが始まりました。

もうほんとにレベルが高くってモチベ上がりまくりです。
こんなにダイレクトに自分のやりたいことをぶつけられる環境なかなかありません。

やっていいんだああ!って感じ笑

今日のリハの最後の方はテンション上がりすぎていろんなものを犠牲にしながらハジケまくってました。
本番はいろんなものをあんまり犠牲にしないようにしながらハジケたいと思います。

こちらもリハの動画をちょっとだけ。
もう冒頭の短2度のサウンドだけで白飯3杯はいけますね!

Ensemble XENOS 第1回演奏会
Vanitas《空》
〜イタリアルネサンスの不協和的情感〜

日時:2019年7月8日(月)19:00開演(18:30開場)
会場:大森福興教会
チケットお申込み:tiget.net/events/51150


――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor

――・――・――・――・――

CD・DVD発売中!

第3回定期演奏会のライブDVD

をウェブ販売開始しました!

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

サリクス通信

サリクスの最新情報や、ここでしか読めない特集記事を配信しています。

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事・レッスンのご依頼ご相談、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

合唱団フォンスフローリス公演終了

昨日、合唱団フォンスフローリスの公演が終演いたしました。

ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

訳あって物凄くタイトなスケジュールだったため、あまりにバタバタしていて写真を一枚もおれませんでした。

それにしても打ち上げの写真くらい撮ればよかったな。反省。

しかしほんとにぐったりしていてそういうことも思いつかなかったですね。

打ち上げはホール近くのスポーツバーを貸切で、お店の方がサービスで演奏会お疲れ様ケーキをサプライズで用意してくださるという凄い展開に。

ケーキの写真、なおみさんが撮られたものを拝借いたしました。

そしてなんと!使って良いか聞いてみたところ、これも使ってよいよと他にも写真を送ってくださいました!なんとお優しい!


前日にも書きましたが、今回合唱がかつてなく良くって(昨年は私が本番乗れてないのでわかりませんが)どうしちゃったんだろうって感じだったんですが、曲が合ってたんでしょうか。それとも指導者が素晴らしいからでしょうか。そうか!それですね!そうに違いない!笑

当日の発声指導をやったのですが、私としては力不足をヒシヒシと感じてしまいました。もっとわかりやすく、効率よく出来たはず、、。

本番は合唱エキストラとして歌ったのですが、私の歌ったパート、バスタイユは私含めて4人しかいなくて(全体は53人)、多勢に無勢でこちらも力不足をヒシヒシヒシヒシ、、。

でも合唱団全体としては出色の出来だったと思います。

私の他にエキストラに入った、さっちょ、田尻さん、村上さん、西久保さんの力もかなり大きかったと思います。ほんとに素晴らしいメンバーでした。

贅沢なメンバーでした。

今回合唱団フォンスフローリスは10回目のコンセールスピリテュエルで、次の10回へと向かう来年の公演ではシャルパンティエをやるそうです。楽しみです!

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor

――・――・――・――・――

公演情報更新しました!

次回公演は10月18日、Ensemble Salicusのデビューコンサートです!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

DVD発売中!

第2回定期演奏会のDVDをウェブ販売しております!

http://www.salicuskammerchor.com/goods

――・――・――・――・――

メルマガ会員募集中!

サリクス通信に古楽演奏家 花井哲郎とヴォイスパフォーマー 徳久ウィリアムが登場!

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Salicus Kammerchor第3回定期演奏会終演

Salicus Kammerchor第3回定期演奏会終演

皆様ほんとにご無沙汰してしまってすみません。

実はサリクスの東京公演直前に風邪をひいてしまって、無理して演奏したがためにしばらく風邪をひきずっておりました。

ようやくここ数日普通に動けるまでになりましたが、また体重が3キロほど減ってしまいました笑

この1週間ほどはほんとに最低限の仕事をする以外はほとんど寝て過ごしました。

こんだけ寝てもまだ寝れるのかと自分でも呆れるほどよく寝ました。

寝て起きて将棋の動画見て寝て起きて将棋の動画見て、の日々でした。少しは将棋が上達したかもしれません笑


というわけで大変遅くなりましたが、Salicus Kammerchor第3回定期演奏会が終演いたしました。

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今回の演奏会は大小様々なトラブルが起こりまくってなんかもう嗤うしかないってことがたくさんありました。

あまりにも理不尽な話やあまりにも情けない話ばかりなのでここには書かないことにします。

またこの半年くらいは自分の体調もかつてないほど悪く、メンバーやスタッフには本当に迷惑をかけました。

そういう訳で心も身体もズタボロのボロ雑巾の状態での演奏だったのですが、お客様の評判はなかなか良かったのでホッとしています。

特に、ソプラノ歌手の鈴木美登里先生がお越し下さって、お褒め下さったのは本当に嬉しかったです。(前日にティゲットの申し込みがあってかぶちゃんが発狂してました)

また第一回から聴いて下さっている方が、今まではバッハが飛び抜けて良かったが、今回はそれに他の曲が追いついてきて、サリクスのやろうとしていることがはっきりとしてきた、という感想を仰って下さって、(自分としてはあまり手応えはないものの)やはり続けていくとそれだけ積み重ねてこれたものがあったのかもなと思いました。

もちろんまだまだ良くなりますので、今後もどうぞ見守っていただければと思います。

(この写真結構気に入ってます。メンチを切る拓さんと西久保さん)


サリクスは来年5月、第4回定期演奏会でJesu, meine Freudeを演奏します。これはカンタータクラブで演奏委員長になって最初の定期演奏会で演奏した曲で、思い出深い曲です。

演奏時間も、内容もバッハのモテットの中では最大規模で、ラスボス的に最後にとっておいた作品です。

前半では、昨年のジョイントコンサートでも取り上げた、パレストリーナのミサ〈シネ・ノミネ〉全曲を、グレゴリオ聖歌の固有唱とともに、そしてバッハの親戚のモテットを何曲か演奏する予定です。

絶対面白いので是非ご注目ください。

それから今年10/18にはアンサンブル・サリクスの演奏会も行います。

アンサンブル・サリクスは、Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブルで、今回は男声5人の編成です。

この動画の4人+谷本くんです。

グレゴリオ聖歌を中心としたプログラムで、ポリフォニーも数曲、1人1声で演奏します。

また詳細が決まりましたらお知らせさせていただきますので、ご注目ください。

今の時点でわかっていることは、以下からご覧いただけます。

http://www.salicuskammerchor.com/concert


そして先週日曜日はバッハカンタータアンサンブルの本番でした。

今回アルトとバスのソリストをサリクスから紹介させていただいて、紹介した手前内心ドキドキしていましたが、二人ともしっかり務めてくれてこれも一安心しました。

この団体はオケも合唱もアマチュアで、バッハのカンタータを全曲演奏しようとしている猛者たちで、カンタータ全200曲中、もう120曲は超えていると思います。

毎年春と秋に演奏会をしているのですが、今度の秋の演奏会で、不肖私が指揮をさせていただくことになりました。

まだどうなるかわかりませんが、今のところマニフィカトの初稿をやることになっています。

オソロシーー!

こちらの演奏会は11月26日、神田キリスト教会です。

あ、ちなみに一番上の写真は、BKEのリハ会場横の神社です。他にこんなの撮れました↓


――・――・――・――・――

Salicus Kammerchorメルマガ会員募集中!

サリクスの最新情報や古楽、声楽に関する情報満載!

登録してくださった皆様には未公開演奏動画プレゼント!

http://www.salicuskammerchor.com/mail-magazine-1

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

広島に行ってきました。

広島に行ってきました。

シグナスのリハーサルで広島に行ってきました。

帰ってきた、でないのは今回広島の家族には誰にも会ってないからです。

というのも、朝は9時からリハだし、夜は9時までリハだし、その後はミーティングだろうし、ということで実家はともかくとして熊野の妻の実家にも帰る余裕がないな、ということで市内にホテルを取ったのでした。


最終日に面白写真撮りました。






どれがジャケットになるでしょうか?!お楽しみに!(注:なりません)

土曜日は9時から9時までリハでしたが、何故か今回あんまり疲れませんでした。本番がないとこんなに楽なんですね。


今回3日間リハに集中したのは、8月の2nd CD録音のためでした。

前回のCDは古今の聖母賛歌を集めましたが(前回のCDはコチラからご購入いただけます)、今回はオール北欧プログラムです。

拓さん曰く、日本のグループでオール北欧現代合唱曲をCD化するのは初めてじゃないか、とのこと。

以下の曲を収録予定です。

★ノルウェー

・Knut Nystedt “Veni”

・Ola Gjeilo “Unicornis Captivatur”
★スウェーデン

・David Wikander “Kung Liljekonvalje”

・David Wikander “Förvårskväll”
★フィンランド

・Einojuhani Rautavaara “Suite de Lorca”
★エストニア

・Veljo Tormis “Sügismaastikud”

・Urmas Sisask “Benedictio”
★ラトヴィア

・Imants Ramiņš “Pūt vējiņi”
★リトアニア

・Vaclovas Augustinas “Hymne À Saint Martin”


6ヶ国の作曲家で使用言語は5ヶ国語、かな、多分。

特にスウェーデン語超難しいです。o母音が4種類あるそうです。


上の母音表の、uに横棒とかoに横棒とかも出てきます。

頭と舌がこんがらがりそうです笑

スウェーデン人マジすげえ。えげつねえ。

しかし根気よくやっていると、耳が慣れてきて、uに横棒とoに横棒とuのウムラウトとoのウムラウトが聞き分けられるようになってきました。何事も慣れですね。

でもまだ咄嗟に発音記号見てもその通り舌が動かないので、8月までに舌を慣らしていきたいです。

あとエストニア語のõはuとoの間の舌の位置で唇は円唇母音じゃないというなんじゃそりゃー!な発音(上の表のoの隣にあるやつだと思われる)があります。

でもまぁこれはこの字にこの音というのが、一択なので、わかりやすいです。

あースウェーデン語がひたすらムズイ。

リハーサルの録音をちょっとだけ。

トルミスの「秋の風景」の一曲目です。


広島では美味いもんを食いまくりました。

いつも広島に帰ると食べたいものが3つあって、大体どれか1つ食べれずに帰るんですが、今回は全制覇しました。

1. お好み焼き


これは定番ですね。

2. つけ麺


普通東京でつけ麺というと太めの麺が冷たくしめてあって、具の入った温かい豚骨や魚粉ベースのつけ汁につけて食べるというものを思い浮かべるかとおもいますが、広島のつけ麺は全然違います。

まず麺もつけ汁も冷たいです。そして具は麺に乗ってます。具はキャベツがメインです。あとつけ汁が激辛で胡麻が一面に浮かんでます。

何度か東京進出してるんですが、なかなか定着しないんですよねー。

東京では渋谷のばくだん屋で食べれるみたいです。
3.広島ラーメン


このためだけに広島に帰りたい味。この世で一番うまい食いもんかもしれない。

醤油豚骨に細麺に細い茹でもやし。これだよねえという味。これっきゃないよねえという味。

今のところこれを東京で食べれるところは知りません。

陽気に行くつもりだったんですがお休みだったので検索していたらすずめの跡を継ぐめじろが空いていたので石井ちゃんの車に乗っけてもらって行きました。

石井ちゃんが車で来ててよかった。でなきゃどうなっていたことか…。ありがたや。

ということで三種の神器?を制覇して更に牡蠣の食えるコースで、広島の日本酒が15種飲み放題という引きの凄まじい飲み屋、心屋にも連れていってもらい(これも石井ちゃんセレクト!)もう最高でした。これで4000円は安すぎる!

みんなでちょっとずつ飲んで、15種制覇しました!これも本番がないことのなせるわざ!(二日目の夜に行ったので)

老亀というお酒が最も衝撃的でした。紹興酒みたいでした。

それから帰りがけ、これまた石井ちゃんの紹介で八朔大福という最近の流行りを教えてもらって、拓さんと空港行きのバスの中で買い食いしましたがこれも美味かった!

大福の中に八朔がごろり!

あー。美味かった。もう1周食いたい。

お土産にこんなものを買って帰りました。


 

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor第3回定期演奏会

『J. S. バッハのモテット全曲演奏シリーズvol. 3 〜詩編モテットと葬送モテット〜』

チケット発売中!

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

Salicus Kammerchor主催第3回ワークショップ

参加者募集中!

http://www.salicuskammerchor.com/workshop

お申込みはどうぞお早めにお願いいたします。

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

明日八咫烏本番!

明日八咫烏本番!

明日・明後日は男声アンサンブル 八咫烏の2nd concertです。

今回から八咫烏は以下のメンバーになり、私はセカンドテナー(2曲はトップも!)を歌います。

 

Top Tenor

佐藤拓

富本泰成

 

Second Tenor

大貫 浩史

櫻井 元希

 

Baritone

大津 康平

谷本 喜基

 

Bass

西久保 孝弘

松井 永太郎

 

メンバーみんなアンサンブルを愛し、向上心があって変革を恐れない素晴らしいメンバーが集まっています。

全員声楽家ですが、とても声楽家とは思えない音がしています。もちろんいい意味で。

 

東京公演は残りわずかですが、千葉公演はまだまだ残席ございます。

当日突然予定が空いても大丈夫です!

また、東京公演のチケットの半券をご提示いただくと、千葉公演のチケットが2000円引きのなんとビックリ1000円でご購入できます!

是非この機会をご利用いただければと思います。


♪男声アンサンブル八咫烏 2nd concert!♪
★《東京公演》★

2017年1月14日(土) 18:45開場 19:15開演

台東区生涯学習センター ミレニアムホール

https://www.facebook.com/events/217856145338609/

☆《千葉公演》☆

2017年1月15日(日) 18:30開場 19:00開演

千葉市生涯学習センター ホール

https://www.facebook.com/events/1862703663945288/

ーーーーーーーー

【プログラム】

1st 湯山昭「河童のうた」全曲

2nd 《レーヴィ・マデトヤ作品集》

Valkeat kaupungit(白みゆく街)

De profundis(深き淵より)

ほか

3rd 《ドイツロマン派作品集》

マルシュナー/ Das Testament(遺言)

シューマン / Die Minnesänger(ミンネゼンガー)

シューベルト / Grab und Mond(墓と月)

メンデルスゾーン / Liebe und Wein(愛と酒)

シュトラウス / Vor den Türen(戸口にて)

ほか

ーーーーーーーー

【チケット代金】

一般前売:3,000円 当日3,500円

学生前売:2,000円 当日 2,500円

ーーーーーーーー

【チケットお申し込み先】

《1/14東京公演》

https://mintike.sakura.ne.jp/form?i=23&c=daf06c4d

《1/15千葉公演》

https://mintike.sakura.ne.jp/form?i=24&c=f89f4d4b

ーーーーーーーー

【SNS】

ぜひ、フォロー・いいね!よろしくお願いいたします!

Twitter:http://twitter.com/yatagarasu8v

Facebook:https://www.facebook.com/yatagarasu8v

ーーーーーーーー

【お問い合わせ】

yatagarasu.vocalensemble@gmail.com


そしてもう一つ大きなお知らせです。4月に行われます、Salicus Kammerchorの第3回定期演奏会ですが、明日の八咫烏の公演からチラシの配布を開始します。

チラシデザインはいつもお世話になっております吉田健嗣さんです!

また同時にチケットも販売開始となりますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

チケットの入手方法は以下のリンクよりご確認ください。

http://www.salicuskammerchor.com/concert

――・――・――・――・――

演奏動画公開中!

Heinrich Schütz “Musikalische Exequien” op. 7 III. Canticum Simeonis / Salicus Kammerchor

Ensemble Salicus : Gregorian chant from “Proprium in ascensione Domini” / “Ordinarium missae I”

――・――・――・――・――

主宰団体Salicus Kammerchorホームページはコチラ

――・――・――・――・――

櫻井元希へのお仕事のご依頼、チケットのお求め等は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。